CO-COSの取り組み

環境に配慮した製品開発と環境への貢献

エコマーク認定商品

地球環境保護への取り組みとしてエコマーク認定を受けた製品を企画開発しています。エコマークとは(財)日本環境協会が「環境保全に役立つ商品を推奨し、暮らしから環境問題に対応するとともに、国民の環境意識を高めるための新しい仕組み作り」を目的とした取り組みです。当社のカタログには認定を受けた製品ページに「エコマーク」を表示しています。

  • 再生PET繊維50%以上
  • 再生PET繊維70%以上
  • 再生PET繊維90%以上
  • ケミカルリサイクル繊維50%以上
  • 未利用繊維50%以上

カーボンオフセット付きユニフォーム

CO2削減が企業の責任として求められるなか、地球環境保護活動の一環としてCO2削減プロジェクトに取り組んでいます。「カーボンオフセット」とは、日常生活や企業活動の中で排出されるCO2を他の場所での排出削減プロジェクトにより創出された排出枠でオフセット(相殺)することでCO2総量として差し引きゼロにするものです。お客様は、株式会社コーコス信岡からカーボンオフセット付き商品をご購入頂く事で、このプロジェクトにご参加頂くことを可能にしています。

  • カーボン・オフセットの仕組み
  • カーボン・オフセットの仕組み

    ※マーク付けについては別途、実費・加工賃が掛かります。証明書発行のご用命は、販売店までご相談ください。

働く環境に配慮した製品づくり

ワーカーさんの働く環境をよりよくするための製品を企画開発して世に送り出しています。「涼しさ」「暖かさ」に配慮した製品だけでなく、「動きやすさ」や「着心地」など、すべての働く方が日々快適に作業できる環境づくりに貢献しています。最近では「電動ファン付きウェア」「電熱ヒーター付きウェア」の開発も行っており、屋外での厳しい環境でも快適に過ごすことができ、「電動ファン付きウェア」については、エアコンによる冷却と比べCO2排出量が非常に少ないと言われており、1日8時間着用した場合の1ヶ月の電気代(充電式バッテリーを用いた場合)は、約133円とエネルギーコストも低く、地球温暖化防止にもつながると言われています。

  • VOLT COOL
  • VOLT HEAT

地元地域や社会への貢献

福山シティフットボールクラブ オフィシャルトップパートナー契約

福山シティフットボールクラブ(福山シティFC)とオフィシャルトップパートナー契約をしています。福山シティFCは経営方針に「次代のスポーツ文化の創生」として、サッカーというスポーツを通じて、希望に満ち溢れた活力ある福山を創生するための取組みを掲げており、オフィシャルトップパートナー契約を締結することで、コーコス信岡の社是「共存共栄」、経営理念の「地域社会への貢献と感謝」に沿った様々な取組みを両社で協力して進めていくことを目的としております。


  • ©FUKUYAMA CITY FC 2021

地元地域のボランティア清掃活動

「地元地域に対してなにか恩返しを」と始めたボランティア清掃活動も、2019年度で20回目を迎えました。2020年度/2021年度は、新型コロナウイルスの影響により開催を見合わせましたが、回を追う毎に家族での参加も増えてきており、徐々にその輪が広がってきています。また、清掃活動を通じて周辺地域の方とのコミュニケーションが図られ、「お疲れさま」「いつもありがとう」という声をかけていただくこともあり、この活動を続けてよかったと感じます。 これからも周辺地域の環境美化に貢献できるように取り組んでいきます。

地元向けのバザー開催

年に1度、本社周辺にお住まいのかた向けに、当社の製品を安く買っていただける「感謝のバザー」を開催しています。会場設営から新聞チラシの製作、レジの応対まで、全て社員による手作りの催しではありますが、当社が自信を持ってお薦めできる製品を安くお買い求めいただくことができ、地元の皆様からも「今年はいつなの?」と大変楽しみにしていただいています。
また、バザー当日は、当社親睦団体(五月会)および地元の就労施設様の出店によるフリーマーケットも同時開催しており、五月会の売上金は、ご参加いただいた就労施設様へ全額寄付させていただくといった活動も行っております。
2020年、2021年は新型コロナウイルスの影響により開催を中止しましたが、これからも地元地域への感謝を忘れず、皆様に喜んでいただける活動を継続して行きたいと考えています。

ペットボトルキャップ収集

ペットボトルのキャップを集めて世界の子供にワクチンを届ける運動に参加しています。キャップ860個(2kg)を焼却処分すると二酸化炭素が6,300g発生しますが、この活動ではポリオワクチン1人分を購入する事が出来ます。
2020年度は、新型コロナウイルスの影響により収集範囲を狭めたため収集できた数は減少したものの、2009年度から2020年度までに累計260人分(2020年度は12人分)集める事ができました。
従業員から家族へと広がった活動の輪がもっと広まる様に、これからも継続していきます。